みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

【小3息子の試練】なぜ!?親友の驚きの言動に息子初めての大号泣

こんにちは、みずいろ母のエリです。

1学期の出来事ですが、息子が班の子に暴言を吐かれ、仲間外れにされていた件は、参観の際、担任の先生とお話しして、近いうちに席替えがあるとのことで、私の中では一件落着!参観日の後、“先生が知ってくれている”と思うだけで私の心は晴れやかでした。

 

www.mizuiroland.com

 

経緯を相談していたママ友が2人いたのですが、“良かったね!安心だね!”と言ってくれて、まだ席替えはしていなかったけれど、ホッと胸を撫でおろしていました。参観日があった週の金曜日、息子が帰ってくるまでは…。

f:id:mizuiroland:20191008130710j:plain

 

親友だと思っていた子の思いがけない言動

 

金曜日、息子は学校から帰ってくると今にも泣きだしそうな顔でした。“また班か?”と思ったら、“Yくんがとっても嫌だった!”と目に涙を溜めながら怒って話し始めた息子。話を聞くと、「一緒に帰ろう!」と言ったら断られたとのこと。しかも、“締め切り時間が過ぎたから”というよく分からない理由だったそう。前日も同じ理由で断られた息子は“そうか…”と納得して一人で帰り、その日はかなり早めに声を掛けたのだとか。「早く声を掛けたのに、結局また今日も時間切れでダメだとか本当に嫌だ!」と話しながら怒りと悲しみで泣き出した息子。「そういうことは本当に嫌なんだよ!しかも、学校の決まりで一緒に帰ろうと誘われたら、断っちゃいけないのに…。俺は断ったことなんてないのに…」最終的に息子は大号泣。班のことで、嫌なことがあっても決して涙は流さなかった息子。普段から感情的に怒ることなどほとんどない息子。それだけに、怒りや悲しみや悔しさの大きさを感じました。その日は金曜日で公園に遊びに行く日でもないし、土日で気分転換してもらおう!と私自身のショックな気持ちはなるべく隠して息子をなだめました。

 

幼馴染のYくんとそのママ

 

Yくんは息子の幼馴染。家が近所で2歳くらいから仲良し。同じ幼稚園に通っていました。公園でもしょっちゅう遊んでいて、数日前に私も会っていたけれど、特に変わった様子はなかったのに…。息子に聞いても、特に揉めたりはしていないとのことだったので、余計にモヤモヤ…。

そして、Yくんのママは、息子の班のことなども聞いてもらっていた、私にとって最も気の置けない仲良しママの一人。“班のことで嫌な思いをしても、息子には公園で仲良く遊ぶ子たちがいる。私も何かあったら聞いてくれるママ友がいる”そのことは、私にとってはもちろん、おそらく息子にとっても救いでした。それなのに、なぜ??

 

ママ友に伝える?一旦、やめておいた理由とは?

 

普段から “何かあったら、教えてね。子どもが間違ったことをしたら叱ろうね”と、お互い言い合っていたけれど、これはYくんのママに伝えるべき??土日を挟んで、ずーっと、ぐるぐると悩んだ私。しかし、ここは一旦我慢して、月曜に公園に行ったときに直接Yくんと話してみることにしました。

それは、Yくんママが“Yくんに対する苦情”を、できれば聞きたくないと思っていることを知っていたから。Yくんはそれほど苦情を言われるタイプではないけれど、それでも時々、女の子たちが“Yくんがこんなこと言ったー!”とか、“こんな言い方したんだよ!”などと言いにくることがあって、そういうとき、Yくんママはいつも“いちいち言わないでほしい。そのくらいのことなら、知らなくていい”とママ友の間では嫌な顔を隠しませんでした。気持ちは分かる。売り言葉に買い言葉で出たひと言かもしれないし、遊んでいる時の小競り合いはそっちで解決してくれよ!と、ついつい思ってしまうのは私も同じ。でも、今回のは“小競り合い”ではなくて、“意地悪”。どうしよう…と迷ったのですが、このくらいの時期は意地悪をしてしまうこともあるかもしれない…。とりあえず、一度私から注意して終わるなら、Yくんママが知らなくてもそれでいいじゃないか。Yくんはママが大好きな子。Yくんにとっても、Yくんに対する苦情を聞きたくないYくんママにとっても、それがベストに思えました。それで終了。それでいい。それが私の判断でした。

 

決戦は月曜日。意を決してYくんに直接注意

 

月曜日は公園Day。息子には、“また断られたら嫌でしょ?今日はYくんは誘わないにしたら?”と伝え、息子も“そうするー”と。実際に、一人で帰ってきました。宿題を終え、公園に行くと、Yくんがいました。Yくんママはいなかったのでちょうどいい。私はすぐにYくんの元に行き、声を掛けました。

 

私  Yくんさぁ、木曜と金曜、○○が“一緒に帰ろう”って誘ったみたいだけど、

   締め切り時間が過ぎてるからダメだって言ったの?

Y  …あぁ…言った…。(目を逸らすYくん)

私  何で?

Y   いや、締め切り過ぎてたから…

私  学校では“一緒に帰ろう”って誰かに言われたら

   断っちゃいけないって言われているんでしょ?

Y   うん。そうだけど、締め切り過ぎてたから…

私  じゃあ、その締め切り時間は誰が決めているの?

Y   …まぁ…俺…だねぇ…

私  それって、意地悪だと思うよ。もうやめな。○○にだけじゃないよ。

   誰に対してもそんなことしちゃダメだよ。

 

私から目を逸らし、一刻も早く遊びに戻ろうとするYくん。私は走り去ろうとするYくんの腕をつかみ、最後に“もう絶対にそんなこと言わないでね”と無理やり目を合わせて念押し。“あぁ…”とやっぱり目を逸らしながら適当な返事をしたYくんでしたが、きっと意地悪な言動がバレていたことに心臓がバクバクしているだろうと思い、ちょっと可哀想に思ったくらい。これで終了!とホッとしたのでしたが…。

 

加速した!?Yくんの暴走

 

翌日、“今日はYくんたちと仲良く帰ってくるかな?”とドキドキ息子の帰りを待っていた私。“今日は大丈夫だったよー”という息子の声を期待したのですが、聞くと、その日は“人数制限が過ぎたからダメ”とのことだったらしい。なんじゃそりゃ?ビックリするくらい、何も変わっていない(T_T)そして、さらに悪いことに、Yくん一人ではなく、近頃Yくんと距離を縮めているMくんとSくんを引き連れて3人で。“なー、ダメだよな。人数超えちゃってるもんなー”みたいな感じだったらしい。家に着くまで泣くのを我慢していた息子。号泣しながら3人ともすっごい感じ悪かったという息子の言葉を聞いたら、怒りよりも呆れ。時期的なもの?よく聞くギャングエイジってこういうこと?私の脳みそでは処理できず。 ただただ、胸糞が悪かった。本当に胸糞が悪かった!2回言っちゃうくらい^^さぁ、ここからどうしよう…。“そんな子たちとは付き合わなくていいよ!”本当はそう言って終わりたかったのですが、そうは言えない事情があり、私の悩みは続きます…。ということで、つづく。

 

息子の試練について、しばらく間が空いてしまいましたが、書こうと思って思い出すとまだ胸糞が…( *´艸`)←言い過ぎ^^; ということで、次がいつになるかは分かりませんが、なるべく時間を空けずに書きたいという気持ちがあることは伝えておこうと思います。もしよかったら、また覗いてください。