みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

大好きな『かねすえ』のわらび餅について語ります

こんにちは。みずいろ母のエリです。

最近ネガティブな記事ばかり書いていて、夏休み前に一旦落ち着いたのに気持ちがそっちに引っ張られがち。なので、今日はひと休みして、おいしくてテンションが上がったお話を。

 

昨日は1年に1度くらいしか降りない池袋に行ってきたのですが、池袋で電車を降りるときの楽しみといえばJRの駅構内にある『かねすえ』のわらび餅。香川県に本店を構えるお店で、本当に小さな、KIOSKよりも小さいくらいのお店なのですが、5年ほど前に友達からの手土産でいただいて、一口食べてその美味しさに撃沈♡自信を持って、万人にオススメできるので、珍しく食レポしてみようと思います^^

f:id:mizuiroland:20190729103823j:plain

 

やっぱり最高!『かねすえ』のわらび餅

 

ふわふわで柔らかトロトロな食感が最高

 

わらび餅なんだから、ふわふわなのも、やわらかいのも、トロトロしているのも当たり前。きっと多くの方がそう思っていることでしょう!何を隠そう、私も友人が興奮気味にそう話してくれた時に、“そりゃそうだよね^^;”と思ったクチなのですが、おそらくきっと、想像している100倍ぐらいのふわふわ・柔らか・トロトロ具合!それなのにしっかり弾力もあって、きちんとお餅。唯一無二の食感に、初めての時は“え!?なになに?”と、2回目以降は“そうそう!コレコレ!”と、立て続けに何個も口に入れて確認したくなる。きっと誰もがこのルーティンに陥るはず^^

 

和三盆糖の自然な甘さが最高

 

“自然な甘さ”をウリにした商品は数あれど、私が知るトップオブ “自然な甘さ”が『かねすえ』のわらび餅。ケーキもチョコももちろん普通に好きだけど、特に甘党ではないワタクシ。甘いものはほんのちょっとで“もういいかな…”となるのだけど、ここのわらび餅だけは永遠に食べ続けられる。だって、甘さがめちゃくちゃ優しいんだもん♡口の中に残らないさっぱりとした爽やかな甘みは、普通の砂糖の“甘さ控えめ”とも確実に違うし、フルーツとかのそれでもない。体にそのまま自然に吸い込まれていくような優しい甘みの感覚は快感そのもの。

 

鼻全体に香るきな粉の香りが最高

 

おはぎは迷うことなくきな粉派なワタクシ。とはいえ、グルメではないので、きな粉に何のこだわりもなく、きな粉でありさえすれば良いと思っていたのですが、このわらび餅を食べた瞬間にきな粉にも甲乙があるのだと知りました。

かねすえのわらび餅のきな粉には、豆の香りがしっかりとあり、ちょっぴり香ばしい。きめ細かな粉がひとたび口に含まれると、香りが鼻にふわっと充満して、いつも反射で目がパッチリ開く気がする。あぁ、幸せ♡

 

蜜は別売り!わが家は蜜なし派

 

わらび餅の定番、黒蜜は別売り(180円)。こんなに熱く語ったくせに、スミマセン、、、黒蜜は試したことがありません。そもそも私が黒蜜があまり好きではないこともありますが、黒蜜なしで完成されている気がするのです^^;でも黒蜜だけ美味しくないなんてことはあり得ない!ので、きっと好きな方にはたまらない美味しさなのではないでしょうか。(結局適当でスミマセン^^;)

 

ということで、昨日は夫と息子へのお土産に久々の『かねすえ』のわらび餅を購入。2-3人前税込み1200円と、決して安くない価格設定ですが、この美味しさなら惜しくない!そう思えます。そしてやっぱり息子も夫も、夕飯後のお腹いっぱい状態でも“別腹”と言って食べる食べる^^毎回久々なので、美味しさも格別♡ということで、大好きな『かねすえ』のわらび餅について書いてみました。もし『かねすえ』を見かけたら、騙されたと思ってぜひ試してみてください!以上、ただの『かねすえ』ファン、みずいろ母のエリでした。

 

www.kanesue.net