みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

小学生とシドニー旅行:2日目 Hunter valleyでワイナリー巡り&動物園

こんにちは。みずいろ母のエリです。

GWは2年間、暮らしたことのあるシドニーに13年ぶりに行ってきました。小3息子が楽しめることももちろん大切だけど、久々だし、知っている場所なだけに行きたいところは山ほどあるし、自分たちだって妥協したくない!そんな私たちがシドニー到着2日目に向かったのはハンターバレー!(もはやシドニーではないけれど^^;)ということで、旅行気分でお付き合い下さい!

 

シドニーからハンターバレーへ!バスツアー VS レンタカー 私たちが選んだのは…?

 

シドニーに行ったら、必ず行きたいと決めていたのがハンターバレーのワイナリー巡り。シドニーからハンターバレーまでは車で約2時間半。ブドウ畑の広がる広大な風景は圧巻で、点在するワイナリーの中からお気に入りを見つけるのが楽しくて、住んでいた頃は3-4カ月に1回くらいのペースでドライブがてら通っていました。要は、夫婦揃ってワイン好き=のん兵衛ってこと。しかし、電車では行けないし、どうする?ということで、バスツアーとレンタカーという2つの案を検討。

 

バスツアーのメリット・デメリット

 

○メリット

・運転の心配がない

・心置きなくテイスティングができる

・行き帰りは寝て過ごせる

・バスにはあまり乗らないから楽しそう

・外国人と異文化交流できるかも!?

 

×デメリット

・安いツアーでも一人200ドルほど。

本日のレート約75円で換算すると15000円×3人分で4万5千円(@_@)

・行きたいワイナリーが選べない

・息子の楽しみが少ない

 

レンタカーのメリット・デメリット

 

○メリット

・異国の地でドライブという貴重な経験ができる

・好きなワイナリーに好きなだけ行ける

・息子が飽きないよう、自由に計画できる

・バスに比べて安く済む。

 

×デメリット 

・久々のオーストラリアで運転するのは不安

・国際免許を取得しなければならない(手数料・都道府県ごとに異なり埼玉県は2350円)

・運転するのでテイスティングが(あまり)できない

・行き帰りに寝られない

 

2つの案を検討した結果、私たちが選んだのはレンタカー!決め手になったのは価格と自由度。せっかく行くなら好きなワイナリーに行きたいし、息子も楽しめるよう計画してあげたい。ホテル近くのレンタカー屋さんを調べたら、価格的にもずいぶん抑えられそうなのでデメリットには目をつぶることにしました。住んでいた頃に運転していたので、交通ルールや道になじみがあるのも、この決断ができた大きな理由のひとつですが、そもそもオーストラリアは日本と同じ、右ハンドル左側通行。海外にしては、運転にチャレンジしやすい国だと思います^^みなさまも機会があったら、レッツトライ!

 

いざ出発!ハンターバレーのワイナリー巡り

f:id:mizuiroland:20190523141939j:plain

 【Peterson House】

ハンターバレーの最大の目的はもちろんワイナリー巡り。住んでいた頃、何度も行ったけれど、毎回スタートはスパークリングワインが有名なワイナリー【Peterson House】でした。当時を思いだし、今回もここからスタート。“無料でいろんな種類のおいしいワインが楽しめる♡”とウキウキ気分で飛び込んだのですが、ここで早速、13年の月日の流れを思い知らされた私たち。なんと、テイスティングが有料になっていたのです(@_@)金額は一人5ドル(約400円)。ワインを購入すれば、5ドルはワインの値段から差し引かれ、結果無料になるというシステム。でも2人で最大6本しか持ち帰れないからそんなに買えないし、前は無料だったし、前は無料だったし、前は無料だったし…高いよ―(>_<)せっかく来たのに、出鼻をくじかれるとはこのこと。とはいえ、はるばる日本から13年ぶりにやってきたのですから、5ドル払いましたとも。そして、片っ端から飲みました。はい、うーまーいー♡間違いない美味しさは健在。一番気に入った赤のスパークリングを購入した後は、待っていてくれた息子のご機嫌を取るために、隣接しているChocolate factoryへ。ワイン以外の楽しみがあるのも高ポイントです^^

 

【Scarborough Wine】 

 

次に向かったのは【Scarborough Wine】。ここでは、4種類のテイスティングなら無料でできるとのこと。思わず“Wow, thank you♡”と心の底から感謝の言葉が飛び出しました。しかも、テイスティングと言えば、カウンターで立ったまま行うのが通常ですが、ここは席に座らせてくれて、担当のきれいなお姉さんが丁寧にワインの説明をしてくれて、チーズとパンまで出してくれるという至れり尽くせり。ワインはどれもが香り高くてスッキリとしていて私たち好みの味。チーズもパンも本当に美味しくて、ランチの直後だったのですが、かなり手が伸びてしまいました。ということで、1本お買い上げ。

また、テイスティングの最中、息子は待つだけになってしまうのですが、“庭で遊んできてもいいわよ”と声を掛けてくれて、息子は小高い丘のきれいに整えられた芝生の庭でしばし優雅にひとり遊び。なんて、素敵なワイナリーなんだ♡ということで、私たちの一番のおすすめはこちらのワイナリーです!

 

【Tempus Two Wines】

 

次に向かったのは【Tempus Two Wines】。実は、このワイナリーに行ったのは母からの頼まれモノを買うため。以前、両親とともにハンターバレーを訪れた際、母はこちらのデザートワインをとても気に入りました。ワインなんて、ほとんど飲んだこともないし、そもそもお酒はほとんど飲めない母。なのに、今回リクエストしてくるほど気に入っていたとは!ということで、こちらもテイスティングが無料だったので、購入前に飲ませていただきました。うん、甘くてさっぱり濃厚なこの味!お酒が苦手な人でもこれなら好き!という人がたくさんいると思います。夫が気に入った白ワインも購入。

 

【Drayton's Family Wines】

 

最後は【Drayton's Family Wines】。ここも、何度か行ったことのある家族経営の伝統あるワイナリー。リーズナブルな印象があったので油断していたのですが、一人5ドルのテイスティング料がかかりました。以前は少し甘みを感じる豊潤で飲みやすいワインのワイナリーだという認識でいたのですが、今回テイスティングしたものはどれもすっきりドライ。私の記憶違いなのかな?と思ったのですが、夫も同じ感想だったよう。価格も13年前よりかなり上がっていた(約10ドル→20ドル)ので、種類が違ったのかもしれませんが、それより何より、私たちには安いワインの方がなじむのかもしれません^^;とはいえ、せっかく来たのでここでも1本購入。

合計5本のワインを手に入れて、満足の私たちでした。

 

子連れハンターバレーにオススメ!Hunter Valley Zoo

 

f:id:mizuiroland:20190523141942j:plain

大人の目的はもちろんワイナリー巡りですが、1日それだけで終わってはさすがに息子が可哀想。ということで、ワイナリー巡りの途中に挟んだのがHunter Valley Zoo。シドニーには、Taronga Zooというシドニー港が見渡せる素敵で有名な動物園がありますが、息子は動物にさほど興味がありません。広大なTaronga Zooで貴重な時間を使うのはもったいないけれど、せっかくオーストラリアに来たのだからコアラやカンガルーは見たい!そんな私たちにぴったりなのがこちらの動物園。

決して広いとは言えない敷地の中に、コアラやカンガルーやエミューやウォンバットなどのオーストラリアらしい動物から珍しいホワイトライオンやチーターやラクダやワニ、羊やヤギや鳥などといった身近な動物まで、予想外に幅広いラインナップ。広くないから、ワイナリー巡りの合間にササッと見られるのもちょうどイイ。私はこちらに来たのが2回目でしたが、カンガルーや羊や鳥に餌やりができたり、コアラもすぐ側で見られたり、満足度はかなり高かったです^^ちなみに、わが家の一番のお気に入りは“Hello”というオウム。張り切って動画も撮りましたが、オウム以上に私たちが“Hello”を連発してしまい、どれがオウムの“Hello”か分からないというトホホな結末になりました^^;

ちなみに料金は大人1名25ドル、子ども15ドルの計75ドルでおよそ6000円。

 

雰囲気も接客も◎ハンターバレーのランチはCafe Enzoで

 

f:id:mizuiroland:20190523141945j:plain

もうひとつ、ワイナリー巡りの合間に挟んだのがランチ。息子の好きなテラス席のあるCafe Enzoへ。初めて行きましたが、建物も、よく手入れされている庭の雰囲気も素敵で大正解!スタッフも気さくだったので、こちらで息子に英語での注文に挑戦させてみました。リングイネlinguiniが言えなくて、モジモジはにかむ息子に、“これは私たちでも発音が難しいのよ”と励ましてくれたお姉さん、ありがとう♡というわけで、とっても好印象でしたが、そういえばオーストラリア名物の大きなハエがたくさんいたのだけが残念!でも、これもある意味オーストラリアらしい体験…ということで振り返ってみるとよい思い出です^^;

 

ということで、無事にシドニーに戻ってくることができ、ハンターバレーの旅はこれにて終了!と思ったら、全然無事終了ではありませんでした(>_<)なんと、息子がスマホ入りのサコッシュをScarboroughに忘れてきたと(@_@;)なんということを(-_-;)ということで、なんと翌日もとんぼ返りで片道2時間ちょいのハンターバレーに行くことになりました。レンタカー、2日間借りていて良かったー!ということで、3日目に続きます。今日はこの辺で一旦終了。以上、みずいろ母のエリでした。

 

 

www.mizuiroland.com