みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に趣味やお出かけなどについても書いていきます。

小学生とシドニー旅行:1日目 Circular Quay ⇒Watsons Bay

こんにちは。みずいろ母のエリです。

GWはオーストラリアのシドニーに行ってきました。シドニーは結婚して間もない頃、夫と2人で2年間暮らした大好きな場所。今回は8歳の息子を連れて思い出の地を巡ってきたのですが、やっぱり大好きだー♡ということで、シドニーの旅行記録とおすすめを書いてみようと思います。

ちなみに、私たちが手配したのは朝着、夜発の便。機中2泊+シドニー4泊の6泊7日。到着日と帰国日も時間があり、5日間たっぷりシドニーとその周辺を満喫しました。とんだハプニングもありましたが…それは今後の記事の中のお楽しみ…ということで、もしよろしければお付き合い下さい。

 

入国手続きからホテルまで

 

シドニーに到着したのは朝8時半ごろ。入国手続きはかなりの混雑。1時間はかかると思って覚悟していましたが、途中で地上職の方に子連れレーンに呼んでもらったこともあり30分ほどで完了。これ、たまたまタイミングよく声を掛けてもらって気づきましたが、そうでなかったら1時間以上かかったと思われます。ちなみに、子連れの方やハンディキャップのある方のレーンは列の左側。特に説明の看板などは出ていなかったので、混んでいるなーと思ったら係の人に聞いてみるといいかもしれません。

そんなわけで、私たちは順調に9時ごろタクシー乗り場に到着。少し並びましたが9時半過ぎにはシドニーの中心地QVBのすぐそばにあるホテルSWISSOTELに。1Fロビーのコンシェルジュにスーツケースを預けて、そのまま観光に出発したのでした。

 

まずは王道!Circular Quayへ

 

電車好きの息子がいるので、とりあえず電車に乗って気分を高める作戦。Wynyard駅から一駅のCircular Quay 駅で下車。時間にしておよそ3分。WynyardからCircular Quayまでは歩いても10分ちょっとなので、“電車に乗る”という目的がなければ歩くのもおすすめです。 

f:id:mizuiroland:20190516233519j:plain

電車を降りると見えるのが、“シドニー来たぞ!”とテンションが上がるハーバーブリッジ&オペラハウスの絶景。観光の王道だけど、さすが王の道だけあってやっぱり素晴らしいのです!

 

シドニーに来たら乗らなきゃ損!フェリー体験!

 

素晴らしい景色に感動し、写真を撮りながら、Watsons bayに行けるフェリーを捜索。(確か2番Wharfだったかな?自信がないので現地でしっかり確認してくださいね)

Watsons bayに行くフェリーは、本数が少なくて20分おきくらい。1本逃すと微妙な待ち時間ができてしまうので、お気をつけください。←まさに、微妙な待ち時間ができて、飛行機疲れの息子のテンションがみるみる下がってしまいました。

が、そこは海なし県に住む私たち。なかなか乗れないフェリーに乗れた時点でウキウキ気分は即回復(^_^)v

f:id:mizuiroland:20190516233508j:plain

ちょっと肌寒かったけれど、息子の希望で外の席を選び、海の上からハーバーブリッジやオペラハウス、海沿いの美しい家並みやたくさんの船が停泊している様子が続く絶景を堪能。片道たった4.4ドル(およそ350円)でできるシドニーらしい体験なのでかなりオススメです!

 

Watsons bayでFish&Chips

 

Watsons bayにフェリーで行った目的は、【フェリーに乗る】【ハーバーブリッジとオペラハウスを海上から眺める】【シドニーの街の景色を海上から眺める】の3つ。しかし、それなら目的地はどこでもいいのですが、あえてWatsons bayを選んだのは駆けつけ一杯!でおいしいFish&Chipsを息子に味わって欲しかったから。

Watsons bayには、1885年創業の有名な老舗シーフードレストラン「Doyles on the Beach」があります。ここは15年前、私が期待に胸を膨らませてシドニーに到着した日の夜、夫の会社の先輩が連れてきてくれた思い出のお店…なのですが、今回はフェリーの桟橋のたもとにあるリーズナブルな方のDoyles、「Doyles on the Wharf」で。

f:id:mizuiroland:20190516233524j:plain
久々のFish&Chipsはフワフワの白身魚がサクサクの衣に包まれていて、懐かしい味でした。素晴らしい景色も調味料となって格別♡

 

食べた後は、芝生に寝転んでしばしの休憩!?

 

目的のFish&Chipsを食べて、満足し、自分たちが疲れていることに気づきました。すぐ側の公園では、芝生に寝転がってい休んでいるオージーが何組も。時間がゆっくり流れるこの感じ!これぞオーストラリア!ということで、私たちも寝ころんで休憩…のつもりが、鳥が近くまで寄ってくるのを息子が怖がって全然優雅に休めない…という誤算^^;

f:id:mizuiroland:20190516233505j:plain

結局、すぐに次へ。

 

Watsons bayのTHE GAP散策

 

Watsons bayはシドニー湾の最南端の入り江。THE GAPという名の崖があり、地層好きな私にはたまらない場所。遊歩道が整備されていて30分くらいで回れます。元気があったら断崖の先まで行きたかったのですが、前日からの疲れがピークに達していたので、今回はさわりだけ。

f:id:mizuiroland:20190516233516j:plain

それでもかなり頑張って無理矢理^^;初日だし、無理して今後に響かぬよう我慢しましたが、やっぱり先まで行って地球の大きさが体感したかったなーと、今さらながら思います。

 

ようやくチェックイン。シドニーのおすすめホテル・SWISSOTEL

 

この日のメインWatsons bay はこれにて終了。Cityに戻る手段はバスもありましたが、私たちは普段乗れないフェリーを選択。帰りは日差しの感じなどが変わって、同じ景色も印象が変わります。Circular Quayからは徒歩で宿泊ホテルのSWISSOTELまで。レンガ造りのビルが立ち並ぶ景色が懐かしくて、私と夫は感慨に浸りながらあっという間の15分ほどだったけれど、息子はツラかっただろうな。でも、頑張りました。

ようやくホテルに到着し無事にチェックイン!ホテルの部屋が広くてきれいでオシャレで、息子はすぐに元気を取り戻しました。

f:id:mizuiroland:20190516233530j:plain

ちなみに、このホテルは2年間の滞在を終え、借りていたアパートメントを引き払った後、帰国までの1週間を過ごした場所。眺望は「なし」に等しいけれど、その分リーズナブルで交通の便もよく、洗練された内装が都会的でとてもいい印象だったので今回もこちらを選びました。そして、やっぱりとても良かったです!

 

初日の夕飯はまさかの…?

 

気が付けば、家を出てからまる1日が経過。飛行機の機内食が出てくるのが思った以上に遅かったこともあり、睡眠不足。旅の疲れがMAXになっていました。とはいえ、お腹は空いている。最後の力を振り絞って、夕飯を食べに中華街まで足を延ばしました。が、何度記憶を辿ってもお目当てのお店が見つけられず。結局、息子の希望もあり、住んでいた頃、何度も通ったラーメン屋さん「一番星」で初日からラーメン^^;

f:id:mizuiroland:20190516233511j:plain

でも、やっぱりそれはそれで落ち着いてしまう…という悲しい性^^;

 

ということで、長い一日が終了です。あー、まだ4日もある♡嬉しいね!と話したのを覚えているけれど、この後はあっという間だったなぁ…。さぁ、2日目はどうなることやら。もし良かったら、あと数日お付き合い下さい。以上、みずいろ母のエリでした。

 

 

www.mizuiroland.com