みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

【映画】「クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン」でまさかの大号泣

またまたご無沙汰になってしまいました!みずいろ母のエリです。

GW明けに仕事が忙しくなってしまったり、息子の学校の創立記念日があったりでバタバタ続きだった今週。やっとブログが書けました!嬉しい♡

 

「クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン」を観るきっかけ

 

そもそもわが家ではクレヨンしんちゃんを観る習慣はありません。息子は小3ですが、多分金曜7時半からクレヨンしんちゃんを観た回数は2回くらい?お友達の家でみんなが観ていた時も、息子は飽きてほとんど観なかったはず…なのに、今回観てみようと思ったのは、話の舞台がオーストラリアだったから。(GWに行ってきました!そんな話はまた今度)そして、家族そろって大好きなあいみょんが主題歌だったから。

正直、「クレヨンしんちゃん」にあんまりいい印象はないし、できれば観せたくないと思ってきたけれど、体調を崩したくないGW前に静かに過ごせて、1日の予定が埋まるなんて素晴らしい!と思い、息子を焚き付けておきました。が、実は全く期待はしていませんでした。が、いい意味で大きく裏切られることになりました^^

 

あらすじ

 

新婚旅行に行っていなかったしんちゃんの両親ひろしとみさえは、子連れもOKだという格安のハネムーンに行くことにする。行き先はオーストラリアのグレートババアブリーフ島。子どもがいるので甘いハネムーンにはならず、子連れ旅行あるあるが多々起きる。ひろしとみさえが険悪な雰囲気になってしまった最中、ひろしが謎の仮面族にさらわれて、残されたみさえとしんのすけとひまわりちゃんはひろしを探すため、危険な冒険が始まる…という感じ。

 

予想外!「クレヨンしんちゃん」で共感の嵐!

 

子連れ旅行あるあるに共感

 

なんで今?というところで、トイレに行きたくなったり、親の希望に関係なく自分の興味のある場所にどんどん進んで行ってしまって、そうこうしている間に時間がなくなったり、どうでもいいものを欲しがったり、やりたがったり…。子どもとの旅行はそういうもので、あとから思い出すとクスッと笑えたりなんかして、それが旅行のいい思い出になったりもするものだけれど、渦中にいたらそんな余裕はもちろんなし^^;

「どうして?」「また?」「ここで?」「何でよー!」を覚悟で旅行に行っていた息子の幼き日々を思い出す描写に、大きくうなずいてしまうシーンがたくさん。今、お子さんが幼児の方、頑張ってーとエールを送れる立場になったなぁーとそんなことも感慨深かったです

 

嘘のない、子どもらしい子どもの姿に共感

 

しんちゃん=下品という印象があったけれど、もちろんそこそこ下品だったりするけれど^^;昔に比べてマイルドになっているらしく、そこまで気になる表現はありませんでした。というか、まさに等身大。“あ、こういうこと言う子、いるなー”と息子のお友達を思い浮かべたり、“くだらないのが好きなのは、うちの子だけじゃないんだー”と安心したり。

そういうふざけた部分の子どもらしさが描かれている反面、父を信じ、母を助けようとするなど、子どもなりの純粋な思いや正義感が感じられたのも嬉しかったし頼もしかった!って、完全に親目線。でも、どちらも子どもの本当の姿で、だからこそ、途中からしんちゃんがかわいくてかわいくて仕方なくなりました。

 

夫に対する気持ちと子供への愛情に共感

 

何より共感したのが母みさえの気持ち。子育てに追われ、いつもはなりふり構わずてんてこ舞いだけど、たまには旅行に行きたいし、行ったら少しオシャレもしたいし、“いつもありがとう”とか“やっぱりお前は最高”みたいなことを言われたいものじゃないですか。そんな母のピュアな思いと、それをちゃんと汲んでくれない夫(+子どもたち)。ダメじゃないかー!!(笑)でも、みさえの望む展開ではないけれど、ひろしもちゃんと喜ばせようとしてくれている。こういう夫婦って多分多い。

また、子どもを危険な目に合わせないように、子どもを不安にさせないように、子どもを悲しませないように、物語の要所要所で見られる母の気遣いや決断や勇気一つ一つにに、いちいちグッときた。子どもは何よりも守りたいもの。その気持ちが分かるから、どのくらいからだろう?自分でもびっくりするくらいかなり泣いてしまった私。いやー、参った!

 

大好きなあいみょん!主題歌もイイ!

 

元々、この映画を観るきっかけになったくらい家族で大好きなミュージシャン・あいみょん。上記の通り、かなり泣いてしまった私でしたが、映画の終盤で持ち直し、エンディングを経て何事もなかったようなポーカーフェイスを取り戻す予定でした。が、大好きなあいみょんにそれを阻まれるとは(@_@)

 

ハルノヒ【初回生産限定盤(クレヨンしんちゃん盤)】(特典なし)

ハルノヒ【初回生産限定盤(クレヨンしんちゃん盤)】(特典なし)

 

 

あいみょんの主題歌「ハレノヒ」の歌詞は、恋人時代から家族になって、これからも一緒に幸せになって行こう!大切なものを増やしていこう!という内容の夫目線の歌詞で、愛にあふれた完全なるラブレター♡見方を変えれば、再プロポーズのようでもある。映画でホッコリした後にあんなのが流れてきたら、元々弱くなっている涙腺は簡単に壊れ、もはや決壊状態(T_T)泣き顔を隠せるわけもなく、“ママ、泣いたんだー”と息子にバレバレ^^;ふと横を見ると、夫にも泣いた形跡。息子には隠せても私には隠せません(^_^)v

歌だけを先に聴いたときは、正直、“しんちゃんぽくない?”としっくりきませんでしたが、セットで体験してみて欲しい!私のように号泣する人がきっと続出することでしょう!

 

 

「泣ける!」を強調したけど、もちろん笑えるポイントもたくさん!

 

思いがけず、感動して泣いてしまったので、ついついそこばかり強調してしまいましたが、基本的に「クレヨンしんちゃん」はいつも通りおふざけ満載で笑える映画。息子は最初から最後まで、散りばめられた笑えるポイントで大爆笑。隣の席のお子さんが、途中からずっと息子が笑うのを眺めていて、その光景が可笑しいやら申し訳ないやら^^;でも、変なところで笑っていたわけじゃないし、そういう映画だから多分大丈夫!ストーリーも分かりやすく、息子は「今まで観た映画で一番おもしろかった!」と大満足していました。

 

観てから少し時間が空いてしまったけれど、初のクレヨンしんちゃん映画、とっても楽しかったです!土日のお楽しみにオススメです^^迷っている方はぜひ観に行かれてはいかがでしょうか?以上、帰ってきたみずいろ母のエリでした。

 

www.shinchan-movie.com

 


あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】