みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

公文英語で英検5級が不合格。でも公文を続けるワケとは?

こんにちは。みずいろ母のエリです。

先日書いた“公文英語は英検に強いと聞いていたけれど、5級が不合格だった話”の続きです。

 

www.mizuiroland.com

 

f:id:mizuiroland:20190424232556j:plain

 

公文英語の教材はイイと思っている私。何がいけなかったのか!?

 

以前、ブログにも書きましたが、公文英語は私が教材を気に入って始めた経緯があります。

 

www.mizuiroland.com

 

だけど、息子は英検5級で結果が出せませんでした。これは何が原因なんでしょう?

 

息子に任せきりで、理解度を全くチェックしていなかった

 

上の紹介した過去ブログでも書いてありましたが、息子の英語力を疑いながらも、順調に進んでいることに安心し、全く確認などをしていませんでした。改めて見てみると、公文の英語は教材に書かれている絵がヒントになり、頭で理解していなくても答えが導き出せてしまいます。息子はプリントは進んでいたけれど、英語力としては積み重なっていなかったのだと思います。要領が悪いと思っていたけれど、こんなところで要領の良さを発揮しやがってー(>_<)なんて、息子を恨みたくなりますが、私が確認を怠っていたことがいけないのです(T_T)

“ここで覚えたことがまた出てくる”“単語が増えれば、表現が増えていく”ということが自覚できれば、また変わってくるかな?と思います。

 

英語の使い道を教えていなかった

 

見学に行って、私が勝手にイイ!と思い、勢いで始めた公文英語。そういえば、英語って何なのか、どうやって使うのか、どんなメリットがあって、どのように楽しみが増えるのかなどなど、英語について息子に伝えた記憶がありません。息子が1年8カ月習ってきたのは、おそらく“英語” ではなく“公文英語”。プリント形式のクイズのようなものだったのかもしれません。

ということで、英語がどこでどんな風に使われているか、英語ができるとどれだけ楽しみが増えるか、最近はことあるごとに伝えています。GWにはオーストラリアに行くので、そこでふんわりとした英語に対するイメージが明確になるといいなぁーと期待しています。

 

これからどうする?息子の英語

 

思った以上に身についていなかった公文英語。どうしよう…。この方法はダメなのか?さすがの私も考えました。そして、もちろん迷いました。けれど、やっぱりもう少し続けてみて考えます。その理由は…

 

結果が出ている子も多いから

 

衝撃的な息子の現状に直面し、ブログなどでチェックしたところ、この方法で結果を出している子も多いと感じました。そういう子たちは、「勉強」することに慣れていて、しっかり考えて(いや、自然に?)点と点を結び合わせることができているのだと思います。片や、息子は点と点が点のまま。そして、しばらくすると、点が消滅してしまう…という有り様(>_<)

でも、それでも1年8カ月ほぼ毎日続け、一応進められているということは、やっぱりゼロではないと思うのです。いや、思いたい!だから思わせて!きっといつか炙り絵のように、消えたと思っていた英語の能力がどこからともなく浮かんでくるはず。そして、“分かった瞬間に頭が良くなる”と言われているアハ体験が次々に起こって、息子の英語力が開花するはず。←甘い?かもしれませんが、そんな日を夢見て、もう少し続けてみます。

 

公文英語で感覚的に身についていることがあると感じるから

 

息子の学習を見ていると、発音やアクセントなど、やっぱりそれなりに身についているのでは?と思えるところがあります。きちんと考えて取り組んでいなかったので、理屈では分かっていないと思いますが、感覚的に分かっているのです。でも、“考えなくても分かる”って、逆にすごい。これは、そのうちアドバンテージになるはず。←甘い?かもしれませんが、興味があるので、このまま実験がてら様子を見ます。

 

英語は続けたい。でも、別の方法は…めんどくさい!

 

英語ができるとカッコいいし、受験でも有利だし、海外旅行も楽しくなる。英語ができるとメリットがいっぱいあると思うので、息子には英語が好きになってほしいと思っています。なので、何らかの方法で英語は続けて欲しい。公文を辞めて、他の方法を試すのもひとつの手ではありましたが、嫌がっているわけでもないし、せっかく毎日の習慣になっているし、コロコロ変えて中途半端になるのも心配だし、送り迎えが増えるのもめんどくさいし、送り迎えが増えるのもめんどくさいし…という理由が何気に一番かも^^;結局こんな理由ですみませんm(__)m

 

公文の先生に相談。教材を戻しました

 

話は前後しますが、実は英検の試験前、公文の先生に時間を作ってもらい、現状をお話しました。先生の反応は“えっ!?順調に進んでいましたし、理解しているものだと思っていました(@_@)”というもの。語彙力はともかくとして、英語の基礎=5級レベルはできているはずだと信じて疑っていなかった様子。私もそう思いたいけれど、息子の状況はどう贔屓目に見てもそうではない^^;なので、教材を戻してくださいとお願いしました。“公文英語的には”、全くつまずいていなかった息子。先生は戻ることに大賛成ではない様子でした。早く進んで嬉しかったのも事実なので少し揺れましたが、やっぱりしっかり身に付くことが大事。結局、D教材からやり直すことに。

で、もうすぐ、やり直し始めてから3カ月経つのですが、やっぱり進むんですよね^^;短期記憶がいいのかな?(←どこまでも親バカ)今回は、息子も覚えることを意識しながら取り組んでくれているのが分かります。ここできちんと身についてくれるといいな。

 

次の英検受験は?元・中学英語教師の友達にも相談してみた

 

息子の同級生のママ友は元中学の英語教師で現在アメリカ在住。子どもを公文に通わせていることもあり、久々に電話する機会があったので相談してみました。

 

すると…

  • 英検は、問題にある程度慣れさせておくことが大事(アメリカ在住のママの間でも試験前は対策必須とだというのが常識らしい)
  • 公文の勉強は口出ししないのが正解(彼女自身も担当の先生に口を酸っぱくして言われているらしい)
  • ほぼ毎日続けてきた公文英語は絶対に身になっているはず
  • 私の話した息子の状況を聞いている限り、息子が日本語と英語の仕組みの違いを頭で理解するのはおそらくもう少し先。英検受験はそれからの方が対策もスムーズなのでは?

 

と、アドバイスをしてくれました。優しい彼女が私の気持ちを汲んでくれたのは間違いないと思いますが、英語教育の知識や経験を持ち、かつ私たち親子を知ってくれている友人に相談に乗ってもらえたのは本当にありがたい♡あー、これからも大切にしよう!そして、このまま公文英語で進もう!と思った次第です^^

 

ということで、公文英語だけで英検5級に挑戦し、見事に玉砕した後に、迷いつつ考えたことなどを書いてみました。英語に関しては、どういう形であれ続けていく予定です。また壁にぶち当たったり、迷ったり、方法を変えたりすることがあれば、こちらで書きますね。誰かの参考になれば嬉しいです。以上、みずいろ母のエリでした。