みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

夫とケンカ。「言った」「言わない」論争の行きつく先とは?

こんにちは、みずいろ母のエリです。

先日、久々に夫とケンカをしました。ケンカの内容は、簡単に言えば「言った」「言わない」論争。相当くだらないのですが、こういう揉め事はまたありそうなので、もう揉めないために書いておきます^^

f:id:mizuiroland:20190420001714j:plain

 

ケンカの発端は、パンの焼き方

 

先日、オーブンで焼いて仕上げるパンを買いました。いつもの食パンはトースターで2-3分。でも、このパンは予熱200-220℃で10-12分。ギリギリまで寝ていたい私の朝の10-12分は大きいので早起きな夫に頼もう♪となり、夫も快く引き受けてくれました。うん、いい夫!

しかし、夫はオーブンを使ったことがない。予熱が必要と知って、なんかうろたえてる^^; 私も一旦は説明をしてみたけれどやっぱりめんどくさい!と思い、“いいや!220℃のオーブンで12分!これで焼いておいて”と伝えて就寝しました。

朝起きて、“オーブン、やってくれてる?”と尋ねると、“やっておいたよ”と夫。でも、ふと見ると、キッチンには焼かれていないパン。“あれ?”と思って確認すると、“220℃のオーブンで12分をパンなしでセッティングし、予熱だけしていた夫(>_<)

いや、予熱とか説明すると面倒だから予熱はいいって言ったのに。ここから2-3分でパンが焼き上がるはずが、今から10分って(>_<)寝起きだし、時間はないし、イラッとしてしまった私。(←起きれば良かったという意見は受け付けません^^;)

“パンを入れなかったら焼けないよ…”と相当感じ悪く言いました。ああ、言いました。言いましたとも。すると、普段は温和な夫が“パンは入れないって言った”と。“いやいやいや、言うわけない!だって、そんなこと1ミリも思ってなかったもん。それに、そんなの考えれば分かるじゃん!”“いや、分からない。それに、パンは入れるなんて絶対に言われてない!”

「言った」「言わない」論争は、本当に不毛。だって、それぞれそう思い込んでいるんだから。そう思った私は、短い言い争いの後、子どもの前だし、苛立ちを抑えて普段通りにしていました。

 

夫の“オレは機嫌が悪いんですオーラ”が嫌い

 

夫は普段、自転車通勤をしているのですが、その日に限って、私が送ることになっていました。ケンカをすると度々出される“オレは機嫌が悪いんですオーラ”。息子がいる間は夫も普通にしてくれていたので、“今日は大丈夫だったかな?”と思っていたのですが、車に乗ったら感じが悪い。察した私が通常に戻そうと思って、普段通りのなんてことない話題を振ってみても、あからさまに外を向いて生返事。最初の10分くらいは私もそのまま続けましたが、態度を変えない夫にいい加減腹が立ちひと言。

 

私  “オレは機嫌が悪いんです”っていう空気、どうにかなりません?

夫  だって、機嫌が悪いもん。あんな言い方されたらそりゃそうさ。

   パン入れなくていいって言ったし。

私  はぁ?言うわけないよ。っていうか、いつまで機嫌の悪さ、振りまくつもり?

夫  さあね。家に帰る頃には普通に戻ってるんじゃない?

 

プッチーン!!!

 

私  なんだ、それ?今は我慢しろと?

   私はさっきからずっと気分が悪いんですけど。

   「言った」「言わない」なんて、どっちも悪いしどっちも悪くない。

   それとも自分だけは全く非がないって言い続けるの?

夫  そんなことはないよ。

   オレもちゃんと確認すれば良かった。でも、自分だってどうなの?

   もっとちゃんと言えば良かったんじゃないの?

私  そうだね。でも、“自分が100%正しい”という態度の人に、

   “私が悪かった”とは言いたくない。

夫  …そうか。そうだね。…ごめん。で、…俺は、謝ったけど?

 

ここでまた、プッチーン!!!

 

私   はぁ?俺が謝ったから、お前も謝れだぁ?

    ずっと機嫌の悪さを前面に押し出して、

    まともなコミュニケーションさえ取れなくしていたのは

    棚に上げて?ふざけんなっ。

 

そこから先は、無言&少々荒っぽい運転で、無事に夫を会社に送り届けました。“…そうだよね。ごめん”とか、降りるときには“ありがとう”とか、聞こえたような気がするけれど、怒りが頂点に達していた私はすべてスルー。あー、朝から気分が悪くて悔しくて泣けてくる。

でも、家に帰ってしばらくして、夫から謝罪メールが届きました。“独りよがりでした。反省してます”ですって。ですよねー!ということで、しばし既読スルーの刑の後、許してあげることにしました。一件落着(^_^)v

 

「言った」「言わない」論争の行きつく先

 

「言った」「言わない」で揉める時は、追求してもどうせ円満解決はできません。だって、それぞれがそう思い込んでいるのだから。そして、思い込んでいる人に、考えを変えろと言っても変わりません。何なら、もっと頑なになるでしょう。また、さんざん揉めた後に、突然考えを変えられても、それはそれで“もっと早く言えば良かったじゃん!”とイラつくはず。「言った」「言わない」論争は自分の意見を貫けば貫くほど、険悪になって、長引いて、何ひとつメリットはありません!

だから今度からは、「言った」「言わない」という闘いになったら、“言ってないもん!”“言ったよ!”となるべく心の中で悪態をついて、深く追求しないようにしようと夫と話しました。多分、しばらくはムカムカするだろうけれど、これが最善の方法だと思います。みなさん、そうですよー!

 

久々に険悪な雰囲気に包まれ、やっぱりケンカは嫌だな^^;と反省したので、備忘録も兼ねて書き残してみました。次回「言った」「言わない」で揉めることがあっても、同じ順路を辿らないように戒めです。ついつい自分の意見を押し通しそうになったら、この記事を思い出そうと思います。赤裸々にくだらないケンカをさらす必要があったかどうかは微妙だけれど、夫婦そろってちょっと成長したので良しとしよう^^ということで、犬も食わない夫婦ケンカの話でした。おしまい。