みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

小学生のお泊まり準備。ジップロックなら自分で荷造りできる!

こんにちは、みずいろ母のエリです。

先日、無事に一人で新幹線に乗って、私の実家に行ってきた息子。この機会に、自分でお泊まり準備をしてもらおうと初の試みを実行してみました。

 

子どもが自分でできるお泊まり準備の方法

 

用意するもの

 

・大き目のジップロック(ジッパー付きの保存袋)

 

今回、たまたま一度役目を終えた大き目のジップロックが20枚ほど手元にあり、捨てるのがもったいないなーと思ったことからこの方法を思いついたのですが、既にみんなやっている方法だったよう^^;

 

準備の手順

  1. 用意する持ち物を親がジップロックに大きく記入する
  2. ジップロックの上に書かれている持ち物を自分で用意させる
  3. きちんと揃えられているか一緒に確認しながら袋にしまう
  4. 大きなバッグに入れる

 

1.用意する持ち物を親がジップロックに大きく記入する

 

f:id:mizuiroland:20190327110546j:plain

今回は、初の試みで息子はまだ小学2年生。とりあえず、“自分で準備した”という気持ちになってもらい、今後は“自分でできる”と思ってもらうことを目標にしました。と、いうことで、私が記入。分かりやすいように大きな文字で。また、お風呂に入る時や、朝着替える時に1つのジップロックで完結するような分け方にしました。

 

2.ジップロックの上に書かれている持ち物を自分で用意させる

 

f:id:mizuiroland:20190327110550j:plain

ジップロックを床に並べ、息子にこれから書かれているものを準備するよう説明。“分かった!”とすぐに理解し、ゲーム感覚で準備を始めました。

 

3.きちんと揃えられているか一緒に確認しながら袋にしまう

 

思った以上にちゃんと揃えられて“おっ、やるじゃん!”と感心。でも、天気予報で気温が上昇すると言っていたのに極暖ヒートテックだったり、やけにかさばる組み合わせだったり^^;やっぱりまだ最終確認は必要だなーと思いました。

 

4.大きなバッグに入れる

 

服などはギューっと圧縮してリュックに。ジップロックは中身が分かりやすく書けるのが最大のメリットだと思っていたけれど、コンパクトになるところもかなりイイ!

 

この方法をやってみての感想

 

この方法は、思った以上に簡単。子どもにとっては宝さがしのように楽しそうで、ノリノリで持ち物を集めている姿にほっこり。旅行気分も盛り上がり、自分でやっている!という満足感もあるようでした。

また、実家の母に聞いたことろ、お風呂に行くときも朝着替える時も、分かりやすくひとつずつにまとめられているのでとてもスムーズだったよう。

そして、後で気づいたけれど、汚れたものは入れていないし、繰り返し使えるってことじゃない?1度、お泊まりジップロックを作ってしまえば、何度か使えるのも素晴らしい!って、自画自賛ですみません^^;でも、この方法はわが家の定番決定!自信を持ってオススメします^^

 

息子が一人でできるようになる…ということは、その分、私の出番がなくなるということ。あー、また私は自分の出番を減らしてしまったー(>_<)(T_T)あ、でも、やっぱり楽になるし、喜ばしい!ということで、一喜一憂のみずいろ母のエリでした。