みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に趣味やお出かけなどについても書いていきます。

【工場見学レポート】ヤクルト五霞工場(茨城)の感想

こんにちは、みずいろ母のエリです。

先日、キユーピーの工場に行き、親子ともどもとっても楽しんできました。

 

www.mizuiroland.com

 

今までは、じっくり見学…というより、キョロキョロ興味が散漫だった息子も、ようやっと集中して本来の楽しみ方ができるようになったので、“工場見学楽しい♡”と思っているこのタイミングで第2弾。

 

ヤクルト五霞工場(茨城)について

 

工場見学は、稼働している工場を見学するので、土日はお休みのケースが多いです。土日でも行けるところを探した結果、先日行ったキューピー工場の目と鼻の先にあるヤクルト五霞工場に行きつきました。できれば、もうちょっと離れていてくれるとドライブも楽しいのに…とは思ったけれど、目的は工場!そこを勘違いしてはいけません^^

 

予約はネットか電話で!

 

ヤクルトの工場見学も完全予約制でした。ネットか電話で予約できますが、私は電話が苦手なので、迷うことなくネット予約。ちなみに、10人以上の予約は電話でなければダメだそうです。ちょっと地味だからか、思った以上に空いている^^;なので、直前でも確認してみるといいかもしれません。

 

工場に到着!待っている間も楽しい

 

工場には15分前くらいに到着しました。入ってすぐのスペースには、ででーんと大きなスクリーンが。手元のボタンで選んで、世界各国のヤクルトのCMなどが見られました。同じ商品のCMなのに、国によって全然雰囲気が違っておもしろい!

また、ヤクルト化粧品の展示では、弾力のある肌、ない肌が比較できたり、高級化粧品のサンプルが置いてあったり、完全にお母さん向き。プロ野球チーム・ヤクルトスワローズの展示をじっくり見ていたお父さんもいました。

 

工場見学当日のレポート

f:id:mizuiroland:20190302211619j:plain

 

1.映像でヤクルトの説明

 

参加者はおよそ30人くらいだったでしょうか?2階の会議室のような部屋に案内され、入り口で一人一本ヤクルトがもらえました。

ヤクルトを飲みながら、アニメで子どもにも分かりやすくヤクルトの効果を説明。ヤクルトマンとか乳酸菌シロタ株マン、ビフィズス菌BY株マンとか、まんまのネーミングのヒーローがお腹の中で悪玉菌をやっつけてくれるから、ヤクルト飲んでね♪っていう、とってもシンプルなストーリー。“好き嫌いしないでね!”とも言ってくれてありがとう!まだ、そういう言葉の魔法に簡単にかかる我が息子、8歳^^;

 

2.製造工程の見学

 

そして、待ちに待った工場見学。まずは工場で働く人の服装などをチェック。パッケージがどう作られるかなどを説明していただいたあと、実際に稼働しているパッケージングやボトリングの工程を見学。また、ヤクルト原料液の入った大きなタンクとその清掃方法なども教えていただきました。ひとつのタンク内のヤクルトで、毎日1本ずつヤクルトを飲んで何年分くらいあると思う?という質問に、息子は100年!と答えたけれど、全然足りませんでした。正解は…現地でお確かめください^^

見学できるスペースはほんのちょっと。作っている製品数が少ないので、工場自体もかなりコンパクトな印象です。時間も短めだったので、小さいお子さん連れの方などには、かえって都合がいいかもしれません。

 

3.ヤクルト製品の紹介

 

最後に、様々なヤクルト製品が並べられているスペースがあり、説明しながら紹介してくれました。麺や健康食品などがあるのは知らなかった!そうか、タフマンもヤクルトなのね!と再認識。でも、そういえば麺製品とかは店頭では見かけないなーと思って調べたら、ヤクルトセンターで買えるらしい。近くにあるけど、行ったことないなー、行ってみようかなーと思わせている時点で、工場見学という名の販促は成功ですね^^

 

4.お土産

 

最後はやっぱりお土産が嬉しい工場見学!ヤクルトのお土産は、特保にも認定されている乳性飲料のミルージュ1本ずつとヤクルトのパッケージをリサイクルして作られた定規(子ども用)とボトルオープナー(大人)。それが会社説明の資料とともにヤクルトマンの袋に入っていました。

f:id:mizuiroland:20190302211633j:plain

息子、“今度の旅行はこの袋にパンツとか入れていく!”と嬉しそう。何でも喜ぶ姿勢、見習わなくては^^;正直、私は“あんまり使わないかなー”と思ってしまったけれど反省。

 

今回も工場見学の後から、ヤクルトがやたらと目につきます。そして、思った以上に愛着が沸いてしまい、ついつい買っています。我ながら、単純すぎて笑ってしまうけれど、私にそっくりな息子さんは私以上にヤクルト熱に侵されています。工場見学の目的って、こういうことなんだろうなぁ^^;でも、完全に術中にハマってしまうのが、なんだか快感になってきました。

 

工場見学ブームが到来しているみずいろ家。また、近いうちにどこか次の工場を見つけたいと思っています。息子からのリクエストは、五霞以外^m^ うん、私も同感。ということで、また行ったらレポートします!以上、みずいろ母のエリでした。