みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

サンタさんを信じる小2息子、まさかのお手紙に感涙!そして親はもらい泣き!?

こんにちは、みずいろ母のエリです。

もうすぐクリスマスですね^^わが家の息子は現在小2ですが、サンタさんからのクリスマスプレゼントは幼稚園まで!と決めていました。しかし、あまりにもしっかりサンタさんを信じているので、夢を壊すのも気が引けて…。いろいろ考えた挙句、ちょっとした心温まる物語が生まれました。

 

まず、昨年までのクリスマスについて

 

おそらく多くの子どもたちにとって、クリスマスはサンタさんにプレゼントがもらえる日。しかし、これっていつまで続くんでしょう?しかも、幼稚園くらいならプレゼントを聞きだすのも、親の希望と大きくかけ離れている場合の軌道修正もそれほど難しくなさそうだけど、大きくなるにつれてめんどくさそう…。そう思った数年前の私。

「サンタさんは小さい子、優先なんだよ」

「おもちゃがもらえるのは幼稚園の子だけかも」

「小学校に入ったら、サンタさんが必要だと思うものをくれるんじゃないかな」

と、毎年さりげなく伝えて息子を洗脳。

そのおかげか、小1だった昨年、息子は「今年はプレゼントもらえないけど、小さい子優先だから仕方ないよね…」と諦めモード。ちょっとかわいそうになり、「念のため、リクエストのお手紙書いてみたら?」とアドバイスしたら、「プラレールのブロック橋脚が欲しいです」という、なんともささやかなリクエスト^^;ということで、急きょ、サンタさんは息子の願いを叶えてくれました。

 

今年のクリスマス。息子の要求はエスカレート!

 

さて、時は流れ、周りにゲームを持っているお友達が増えてきました。数か月前には、スイッチを持っている子の家で遊ばせてもらい、スイッチへの憧れが日増しに増大。「サンタさん、くれないかなー」なんて、口にすることもあったので、「それは難しいんじゃない?小さい子、優先だからなー」といつも通りの返答で(私が)即却下。すると、「おれもそうだと思う…」と分かってはいるけれど諦めきれない様子。そして、ついに息子が行動に出ます。

「オレ、サンタさんに手紙書く!去年、手紙書いたらちゃんとくれたもん!」

目をキラキラ輝かせながらそういう息子。

内心焦りながら、「確かにそうだったね。書くだけ書いてみたら」と後押しした私。

そして、息子はサンタさんにお手紙を書きました。

 

f:id:mizuiroland:20181222003657j:plain

 

○○(息子のフルネーム)に、スプラトゥン2とスイッチの本体のセットをください。

さむいときに、ごくろうさまです。

○○(息子のフルネーム)より

 

 

めちゃくちゃ真剣に書いていた内容が、とにかく笑っちゃうほど図々しい!でも、気遣いは素晴らしい!思いがけないギャップに癒されました。ホッコリしました。が!そうは言っても、スイッチをあげるつもりはありません。

しかし、サンタさんを信じ切っている息子の純粋な気持ちには応えたい!ということで、サンタさんからの返事を書くことにしました。

 

サンタさんからの返事。それは、丁重なお断り♡

 

息子が書いた手紙は、ツリーの目立つ場所に置いておくように伝えました。そして、私はサンタになりきって息子宛に手紙を作成!

f:id:mizuiroland:20181222003710j:plain

喜ぶかな?驚くかな?息子の反応を想像しながら、文面が見えるようにツリーに手紙を置いて寝ました。

 

手紙を発見!息子の反応はいかに!?

 

翌朝、“あれ?”と手紙に気づいた息子。少し離れた位置から、“サンタより”という文字が確認できたのが分かりました。しかし、「すごいっ!」と声をあげて喜ぶかと思いきや、予想外なことに、ビックリし過ぎて動けなくなくなってしまいました。

私に引っ付いて、目がウルウルして、少し震えている様子。「お手紙の返事くれたんじゃない?読んでみたら?」と言ってみたけど、それはそれは恐れ多いという感じで、「ママが読んで」と。「分かった。じゃあ、読むね」と読み始めると、私に抱きつきながら、うなずきながらしっかり聞いて、目から大粒の涙がポロリ。スイッチがもらえないと分かったのが悲しいんじゃない。息子はサンタさんのお返事に感激して泣いてしまったのです!

予想外の展開と、息子の純粋さに触れて、涙もろい夫が泣いているのが分かりました。そして、自分の書いた手紙を読みながら、なぜか私も泣きそうになる…というこれまた予想外な展開^^;後から思い返すとかなり滑稽だけど、朝から心が洗われる出来事でした。

その日、学校から帰ってきた息子に「サンタさんからお手紙来た話、誰かにした?」と聞くと、「ううん、誰にも。内緒にする」と。きっと、息子の中で、特別な思い出になったのでしょう!(でも、ごめん。母はブログに書いちゃったけど^^;)

 

サンタさんから息子へのクリスマスプレゼントは?

 

クリスマスにサンタさんからスイッチは届きません。でも、手紙にもあるように24日に息子宛にプレゼントは届きます。それは、スキーツアー!2年くらい前から、ずっとリクエストされていたのですが行けていなくて、先日ようやっと重い腰をあげてツアーを申し込みました。24日の朝には、ツアースケジュールなどを書いた用紙をツリーに置いておく予定です。わが家はモノより思い出派!喜んでくれるといいなぁ♡

 

ということで、小2息子はまだまだサンタさんを信じ切っています。まだまだかわいい♡さぁ、クリスマス前に予想を超える家族の素敵な思い出ができたのは良かったのですが、来年はどうしよう??これ以上、案が思い浮かばないので、そろそろ気づいてほしいような、そうでもないような^^;正直、複雑です。でも、きっと、サンタさんを信じなくなったら淋しいだろうな…。

ということで、先のことを考えて、ちょっぴりセンチメンタルな気分になっているみずいろ母のエリでした。