みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小2男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録と趣味や旅行や日常の雑記ブログです。

【小学生・下校トラブル①】その日、学校帰りに起こったこととは?

こんにちは。みずいろ母のエリです。

 

先日、下校中の息子に突然のトラブルが降りかかりました。帰宅して、すぐに“ママ、今日、俺、すごい嫌なことがあった”と言い、途中から泣き出してしまった息子。あまりこういうことがなかったので、私もビックリ。落ち着け、落ち着け!と自分に言い聞かせながら、息子の話を聞きました。

 

下校時のトラブル。一体何が起こったのか?

 

息子の話したトラブルの内容

 

下校途中、突然5年生の男の子に左胸の辺りを蹴られたのだそう。蹴られた場所のせいもあり、“ウッ”となって座り込んで泣き出してしまった息子。蹴った子は名前だけは知っているけれど、特に話したこともない子で、息子を蹴った後、そのまま走り去ったとのこと。

“なんですって??かわいいうちの子に!!!”と昂る気持ちを抑え、息子の話を冷静に聞きました。

普通に考えて、5年生にもなる子が、突然訳もなく2年生に蹴りを入れるようなことがありえるだろうか?わが子を信じたい気持ちの一方、息子が何かをしてしまったり言ってしまった可能性はないのかな?と疑いをもった私。

“何かいけない言葉を使ったり、その子にぶつかっちゃったとかはない?”と尋ねると、うーん、、、と考えて息子は“やっぱりない”と。

こういう時は、どうするべきなんだろうか?頭の中ではぐるぐるぐるぐる。とりあえず、息子と一緒に帰ってくる同じ班の同級生女子のお母さんに電話をし、今日の出来事について多方面から情報収集し、話を整理しようと思いました。

 

同級生女子2人の話したトラブルの内容

 

私が電話をすると、ちょうどそのママも娘さんから今日の話について聞いてくれている最中でした。どうやら、帰ってきて真っ先に、“さっき、○○くんがとても可哀想だったんだよ。何にもしていないのに、突然蹴られて泣いちゃったんだよ”と話し始めて止まらなかったそう。

息子の班は2年生4人が一緒に帰ることになっていて、息子が班長。同じ班のもう一人の男の子がどんどん先に行こうとしたので、息子が“△△くん、早過ぎるから戻って!”と、その子のランドセルに持っていたカーディガンをポンッと乗せながら声を掛けたらしい。すると、その子は素直に列の後ろに戻ったのですが、その直後、息子は5年生に蹴られたんだとか。

“カーディガン、振り回したんだ(―_―)!!”と思ったけれど、女の子たちはしっかりと見ていて、絶対に人には当たっていない、ランドセルにふわっと乗ったくらいだったと2人ともが証言。息子は何にも悪くないのに!!と2人ともすごく怒ってくれているのを聞いて、ありがたいのと同時に一安心。息子よ、疑ってしまってごめんよ(>_<)

そして、5年生はうずくまって泣いてしまった息子を見て、“そんなに痛くなんかないだろー”と言いながら走り去ったのだそう。ひどいヤツじゃん!!

 

息子+同じ班の女子2人。2年生3人の話を整理

 

一旦、ここまでで3人の話を整理すると…

息子たちは同級生4人の下校班で帰宅中だった⇒

同じ班の男の子が列をはみ出し、先に行こうとした⇒

カーディガンをランドセルに“ぽんっ!”っと乗せながら、息子はそれを嗜めた⇒

突然、登場した5年生に胸の辺りを蹴られる⇒

息子、うずくまって泣く⇒

「痛くなんかないだろ!」と言いながら走り去る

 

2年生はまだまだ未熟だけれど、3人揃って同じことを言っているし感じている。突然で、こちらに非がないのでびっくりしていて、息子が可哀想だと感じている。親として思うのは、たった一言!不愉快だー。

 

その後の息子の様子と私の気持ち

 

同級生ママ2人は、息子が小さい時から知ってくれている仲良しママ。とても親身になって息子を心配してくれたのがとてもありがたく、私の気持ちを落ち着かせてくれました。元々、嫌なことがあっても引きずらないタイプの息子。私に話したことでスッキリしたのか、その後はいつも通り。

ちょうどその日は毎週公園に遊びに行っている水曜日だったので、自分の気分転換も兼ねて、公園にも行きました。公園にはいろんな学年の子が遊んでいましたが、5年生と2年生の体格差ってかなり大きい。それを目の当たりにしたことで私のモヤモヤは加速したのでした。

 

結局どうする?私の判断

 

基本的に “子どものことは子ども自身で”と思っている私。トラブルがあっても、親はできるだけ出て行かない方がいいと思っているので迷いましたが、これに関しては学校に伝えておいた方がいいと判断しました。

理由は、

  • 大人の目が届かない下校途中の出来事だったこと
  • 5年生が体の小さな2年生に対して行ったことだったこと
  • 理由もなく突然だったこと
  • 全く知らない子なので、問題児だった場合は学校も知っておいた方がいいと思ったこと

下校途中は細い道や坂道も多く、車も通ります。重いランドセルを背負っているので、転んだりしたらとても危険。なので、今後のためにも先生から該当の5年生を注意してもらってほしい!とのママ友の意見も、迷っていた私の背中を押しました。

 

と、今回はここまで。気持ちが入ってしまい、短くまとめられなくてスミマセン。次回、私がどのように学校に伝えたか、学校はどのように対応してくれて、どのように感じたかをまとめたいと思います。

楽しい話ではありませんが、トラブル例のひとつとしてお伝えしたいと思っていますので、お待ちください。

 

以上、中途半端ですみませんが、みずいろ母のエリでした。