みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小2男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録と趣味や旅行や日常の雑記ブログです。

親子交換日記を開始!理解力&作文力を鍛えたい!

こんにちは。みずいろ母のエリです。

 

今日から息子の学校もついに2学期!この日が来るのをどれだけ待ち望んでいたことか!7月21日から40日以上、ほとんど毎日、朝から晩まで息子と一緒。息子はそれはそれはおしゃべりで、四六時中私に話し掛けてくるので、私の気が狂ってしまうのではないかと本気で怖くなった日も1日や2日ではありません^^;あ~、今朝の開放感、たまらんっ!

 

息子とずっと一緒にいて、再確認した2つの課題

 

理解力が乏しい

 

と、まぁ、これだけ濃密な時間を過ごしたので、息子のことを観察するいい機会になりました。そして、やっぱり理解力が乏しいなぁ…と改めて思いました。勉強面でももちろん、普段の会話でも、質問の答えが正しく返ってこなくて、かえってこちらが“どういう意味?”と尋ね返したこともたくさん。今はそれでもかわいいけれど、このまま行ったら勉強が難しくなっていくにつれて苦労するのではないだろうか…お友達とのコミュニケーションにも支障が出てきてしまうのではないだろうか…と今までも漠然と思っていたけれど、この休み中に本気で心配になってきました(>_<)

 

作文力が全くない

 

そして、これは理解力がないことも原因の一つだと思うけれど、作文力が全くない!読書感想文を書いたときにも薄々気づいていたけれど、それは長い文章を書かなくてはならないことが原因だと自分に言い聞かせていました(私が)。でも、歯みがきカードに最後の感想を書く欄があり、昨日その文章を見て愕然!短くても全然書けていないわ(―_―)!!っていうか、1年生の時からの成長が感じられない^^;それに愕然としました。

 

ヒントは兄の日記!とりあえずやってみよう!

 

では、どうしたらいいのか。私なりに考えて出した答えは「親子交換日記」です!

ヒントになったのは、帰省中に読んだ、兄が小2の時の作文集。どうやら、その時の担任の先生が毎日作文の宿題を出していたそうなのですが、とても素直で子どもらしい文章が可笑しくて、数年おきに読み返して母と大爆笑するのが恒例でした。いつもは笑って終わりなのですが、今年は息子と同じ小2の子ども(しかも兄!)がこんなに豊かな表現でこんなに長い文章を書けるんだ(@_@)ということに衝撃を受けたのでした。

交換日記は息子に足りない“考える力”“話を整理する力”“言葉で表現する力”を育てるのにきっと役立ってくれるはず!息子も快諾してくれたので、とりあえず始めます!!

 

自分への戒め。親子交換日記で大切なこと。

 

始めるにあたって、いくつか親子交換日記に関するサイトを調べました。すると早速、下記のような耳の痛いアドバイスがたくさん。

 

「親が子どもの書く内容にケチをつけてはいけない」

「親が子どもの書く文章にダメだししてはいけない」

「書くことを強制してはいけない」

 

これ、全部、やろうとしていたわ^^;気をつけなくちゃ。

楽しむことが大事で、親がお手本になるような書き方をすれば自然と学んでいくそう。そういうものかな?昨晩思い立ったばかりで完全に手探りですが、少しでも息子の成長が見られるといいなぁ。。。

 

親子交換日記が続いて、何か気づきがあった場合にはまたこちらで紹介したいと思います。では、息子が帰ってくるまでに急いでノートを買いに行ってきます!

 

以上、みずいろ母のエリでした。