みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小2男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録と趣味や旅行や日常の雑記ブログです。

【絵本紹介】ヨシタケシンスケさんの本「おしっこちょっぴりもれたろう」は過去最高の大笑い!

こんにちは。みずいろ母のエリです。

 

先日、夏休みの時間つぶしのために行った本屋さんで「おしっこちょっぴりもれたろう」という衝撃のタイトルの本を発見!

f:id:mizuiroland:20180901062215j:plain

見覚えのある絵で、すぐにヨシタケシンスケさんの本だと分かりました。

 

サンプル本を読んだ息子の反応は過去最高!

 

サンプル本が置いてあったので、その場にかがんで小さな声で息子に読んでみた。本屋さんにも関わらず、こちらが気を使って小さな声で読んでいるにも関わらず、ページをめくるたびに尻もちつきながら息子大爆笑!“うわぁー、困った!”と思ったけれど、私も続きが読みたくて、“ボリューム下げて!”と息子に言いながら読破。最初から最後まで過去最高に声を上げて笑っていた息子。

「おしっこちょっぴりもれたろう」の絵がかわいくて、発想がかわいくて、行動がこれまたかわいくて、1度でこの本が大好きになってしまった私。

 

“これは買いでしょ!”と思った私に、予想外の “待った!”

 

息子がこんなに笑うなら、“これは買いでしょ!”と思った私。息子だけじゃなく、私もとっても気に入ったし、夫にもこの楽しい本を読んでほしいし、何よりこの本を読んで大爆笑している息子を見せたい!と思いました。

でも、“これ、買って帰ろうか”と言うと、予想に反して “要らない!”とつれない返事。

ええええぇ?あんなに笑ってたのに???まさかの答えにびっくりして理由を聞くと、これまたまさかの“だって、くだらないんだもんっ!”。

ええええぇ?そんな理由で???話の内容を思い出したのか、笑いをこらえながら言うセリフじゃない!!けれど、何度尋ねても、誘っても“要らない”の一点ばりだったので、その日は買わずに帰りました。だけど、やっぱり私が欲しい!ということで、翌日、息子が公文の最中にこっそり買ってきてしまいました!

 

2回目以降もやっぱり大爆笑!買ってよかった!

 

公文から帰って絵本を見つけると、それだけで大爆笑している息子。“ばっかじゃないの~!”と言いながら、それはそれは楽しそう!表紙の絵で笑い、「おしっこ ちょっぴり もれたろう」と声に出して読んでは大笑い。断言しよう!どう考えても買ってよかった!この本は最強だ!笑

 

今さらながら、あらすじについて

 

「おしっこちょっぴりもれたろう」は、いつもおしっこがちょっぴりもれてしまう男の子。もれたおしっこが乾くまで…と冒険に出掛け、自分と同じ“もれたろう”を探す。もしかしたらそうかな?と思った子に次々に声を掛けるけど、みんな別のことで悩んでいて、“もれたろう”はなかなか見つからない。もれたろうは、人はみんなそれぞれ悩みを抱えていることを知る。そして、共感できる友達がいる幸せを学ぶ…という、実はちょっと深い話でもある。深い話なんだけど、共感し合える友達の名前が、「おしっこちょっぴりもれたろう」に輪をかけてふざけていたりして。もうっ♡そのセンス、たまらなく好きです!笑

 

この本の魅力。そして、本選びについて考える

 

とにかく楽しい「おしっこちょっぴりもれたろう」。語感がいいので読んでいてもとっても気持ちよくて、何度も読みたくなってしまいます。また、“すぐに内容が理解できて、何も考えずにとにかく笑える”っていいよね、と夫とも再確認。

対象年齢が低い本や、絵が多い本、字が大きくて少ない本などは、ついつい“もう卒業”と遠ざけてしまいがちですが、難しい本に挑戦することより、本の楽しさを知ることが大事!そんな、当たり前の気づきをくれた本でした。ヨシタケシンスケさん、ありがとう!

 

ということで、「おしっこちょっぴりもれたろう」は本の楽しさを実感するのに最適な本。親子で笑い合えること、間違いないでしょう!気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

おしっこちょっぴりもれたろう

おしっこちょっぴりもれたろう

 

 

 以上、みずいろ母のエリでした。