みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小2男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録と趣味や旅行や日常の雑記ブログです。

小2息子の習い事③スイミング 生後5カ月で始めて良かった8つの理由

こんにちは、みずいろ母です。

 

先日書いた習い事の関する記事に引き続き、今回はパート3、スイミングについて書いてみようと思います。

f:id:mizuiroland:20180717233320j:plain

今のところ、公文とスイミングしか習っていないので、これで最後です。今のところ、ですが^^

 

www.mizuiroland.com

 

www.mizuiroland.com

 

 

スイミングを始めたのは息子が生後5カ月の時

 

現在小2の息子は生後5カ月の時からスイミングに通っています。ということで、スイミング歴は7歳にして7年!なぜ、そんなに早くスイミングを始めたのか?それには2つの理由がありました。

 

理由① 埼玉が暑かったから

 

まず、最大の理由は何と言ってもコレ!さいたまって暑いんです!元々、静岡県の山の中で育った私。木陰は至るところにあるし、どんな暑い日でもそれなりに爽やかな風を感じる瞬間があったので、夏が大好きだったのですが、さいたまの暑さは酷暑でまったくの別物!

木陰はゼロに等しいし、たまに風が吹いたとしても熱風。当時、外出を日課にしていたけれど、乳飲み子には散歩も危険…ということで、暑さをしのげる涼しい場所=プールということに。ちょうど7年前の今頃の時期、夏のキャンペーンのタイミングで入会しました。

 

理由② 体を丈夫にしたかったから

 

実はスイミングは、夫も私も子どもの頃に親しんだ習い事。夫は喘息持ちだったので、その治療も兼ねて。私はよく熱を出す子どもだったので、かかりつけのお医者様に薦められたんだそう。

遺伝的に、喘息があってもおかしくないし、よく熱を出す子だとしても仕方ない…とは覚悟していたのですが、夫も私もスイミングを始めて強くなった!とお互いの母親に聞いていたので、早めに始めて効果が早く出たらいいなぁ…という気持ちもありました。

 

早く始めて正解!その理由は?

 

今、生後5カ月の赤ちゃんを見ると、小さくてふわふわであまりにも頼りなくて、“よくもこんなに小さな赤ちゃんをスイミングに連れて行こうと思ったなぁ”と当時の自分の決断に驚いてしまうけれど、後悔は全くなく、それよりも良かったなぁ…と思うことばかり。その理由は…

 

理由① 暑さがしのげた

 

今年もやっぱり暑い埼玉の夏。この季節になると、汗だくの赤ちゃんを抱っこしている汗だくのママをあちこちで見かけます。7年前の私もそうだったんだなぁ…と最近ではついつい感慨深くなってしまいますが、その時期、汗だくになっていてもおかしくない時間を気持ちのいい水の中で過ごせたと思うと、それだけで“行ってよかった!”と思います。

 

理由② 体が丈夫になった

 

息子は本当に身体が強くて、風邪などもほとんどひきません。たまにひいてもすぐによくなる回復力はみんなに驚かれるほど。“ぐったりして辛そう…”と心配になるような状況は今までに2回ほどしかありません。元々身体が強かったのかもしれませんが、私たち夫婦はこれをスイミング効果だと信じています。

 

理由③ お昼寝してくれるようになった

 

これは2歳くらいまでのことですが、スイミングの後は、いつも確実にお昼寝をしてくれたのが嬉しかった。当時から少しずつ在宅でライターの仕事をしていた私にとって、仕事時間として計算できるこの時間はとても貴重でした。

 

理由④ 友達ができた

 

まだ子供が歩かない、しゃべらない幼少期は、友達を作るのが難しい時期ではないでしょうか。しかし、スイミングに通って、何度も顔を合わせているうちにおしゃべりや情報交換できる友達ができ、とてもいい気分転換になっていました。今だにスイミングを続けている友達も多いので、息子も私も週1回友達に会えるのも嬉しい♡

 

理由⑤ 水を怖がらなくなった

 

物心がつく前に、プールに通い始めた息子。水=怖いと思う前に水に慣れていたので、本人にとっても苦労がなく良かったのではないかと思います。また、シャンプーなどに苦戦している友達の話を聞いたこともありましたが、息子はお風呂もシャンプーも大好きで私たち親も楽だったなぁと思います。

 

理由⑥ 幼稚園のプールの時間、ヒーローになれた

 

息子は1月30日生まれの早生まれ。今でこそ、差が少しずつ縮まってきたかな?と思いますが、幼稚園の頃はクラスの中でもずいぶん幼く見えて、しっかり者の女の子にいつもお世話されていたほど^^;仕方ないとは思っていたけれど、そんな息子が、一番、水を怖がらないという理由で幼稚園のプールの夏期講習でヒーローになることができました。これは嬉しかった!息子初の“人よりできる経験”。スイミングをやっていて良かった~と心の底から思いました。

 

理由⑦ ほどよく挫折を経験した

 

幼稚園も年中さんくらいになると、赤ちゃんの頃から一緒にスイミングに通っていたお友達の中にも、進度に差が出てきました。ママの中には合格に強いこだわりを持つママも。次第に息子もテストの合格・不合格の意味を理解し始め、不合格を気にするようになりました。“あの子は受かったのに、僕はダメだった”“同じクラスに友達がいなくなったから、もう行きたくない”…。今思えば、そんなことを漏らした時期が息子にとって、初の挫折だったのだと思います。このくらいの挫折経験は、最初の挫折にちょうどいいと思いませんか?笑

 

理由⑧ 頭がよくなる…という説があるらしい

 

これはまだ、息子では実証できていませんが、どうやらスイミングには頭をよくする効果があるんだそう。この記事によると(http://president.jp/articles/-/21527)、東大生の6割が小学生時代にスイミングに通った経験があるんだとか。そして、神経系の発達がピークになる3歳前後に、浮力を利用して体を動かす経験=スイミングをしていると、脳の空間認知力の発達に役立ち、運動能力だけでなく算数の図形問題などにもいい影響をもたらす可能性があるらしい。うん、私、信じる!息子がそのうち、勉強面でもスイミング効果を証明してくれるはず♡予定は未定ですが^^;

 

このように、スイミングをやっていて良かった~!と思うことが今までにたくさんありました。いろんな意味でやっぱりいい習い事だと思います。

 

いつまで?どこまで?辞め時に迷うけど、しばらく続ける予定です

 

現在、息子は背泳ぎを習得中。漠然と、四泳法を習得したら、辞めてもいいかな?と思っていましたが、進みが遅く、いつまでかかるのか全然先が見えません^^;これまでの様子を見る限り、泳ぐ才能はあまりないかも。う~ん、全然進まなかったらどうしよう…。

とはいえ最近は、スイミングに行くことを嫌がったりすることもなく、頑張って通っているので、とりあえず続けます!

 

もしこの先、息子が嫌だと言ったり、他の習い事に興味が出てきたら、四泳法を習得していなくても、辞めることがあるかもしれませんが、さて、どうなることやら…。ちょっと楽しみでちょっと不安ですが、やっぱり楽しみかも!ということで、スイミングについてでした。どなたかの参考になるといいなぁ。