みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小2男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録と趣味や旅行や日常の雑記ブログです。

子どもとフェスに♡息子をロック好きにするために行った戦略とは?

こんにちは。みずいろ母です。

 

今週末は待ちに待ったJ-WAVE LIVE SUMMER JAM♪

大橋トリオ・スキマスイッチ・ハナレグミ・平井堅・ユニコーン・レキシという、豪華ラインナップのライブを堪能するため家族で横浜アリーナまで行ってきます。

わーい、久々のフェス!

f:id:mizuiroland:20180712235331j:plain

( ↑ この写真は去年のラブシャ)

“子どもと一緒にフェスに行くんだ~♡”と言うと、結構な確率で、驚かれたり、羨ましがられたり、引かれたりするのですが、うちの場合、もはや息子が行きたくて仕方ない…という状態。一家揃って、ロック好きのフェス好きです。

 

小2息子はすでに5回ほど、ライブやフェスに行っていますが、この年齢でここまでフェスが楽しめるロック好きになったのには私たちの戦略もありました。息子がどうやってフェス大好きっ子になったのか、書いてみようと思います。“いずれ子どもと一緒にフェスに行きたい!”という希望をお持ちの方は、長期戦になるかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

 

好きなキーワードが入った歌を聴かせた

 

わが家はドライブ好き。子どもが生まれる前は好きな音楽をかけて、歌いながらドライブしたものでしたが、子どもがいるとそうはいきません。最初の頃は、息子の趣味に合わせて、電車やアニメや子ども番組のDVDや音楽を流していましたが、数年経ち、私が飽きました。“毎回、こんなん嫌だ~!”と思い、方向転換を決意。

 

その頃から、電車が好きだった息子。 “電車の歌だよ”と言って、歌詞に電車関係の言葉が出てくる歌を聴かせました。THE BOOMの「中央線」、サンボマスターの「夜汽車でやってきたアイツ」、くるりの「最終列車」、福山雅治の「蜜柑色の夏休み」などなど。

 

“1曲だけ大人の電車の歌を聴かせて♡”とお願いして、“電車”“汽車”など、キーワードが聴こえるたびに、「ほらっ!今、聞こえた?おっ、やっぱり電車って言った!」など、自らテンションMAXで喜んで盛りあげて。

 

最初は、違うのにする~と言われ、DVDに付き合わされることも多かったけれど、めげずに続けていたら次第に息子から電車の歌をリクエストされるようになり、電車が出てこない歌も覚えて歌うようになり、完全に車の中=音楽タイムになりました。子どもって単純♡

 

ギターを与えた

 

息子は自分のアコースティックギターを持っています。これは息子が年中だった冬休みに義父が買ってくれたもの。本当はおもちゃのギターを買おうと思って楽器屋さんに行ったのですが、扱いがなく、代わりに通常サイズの4分の3の大きさのミニギターを発見!3,000円くらいを想定していたのに、ミニギターは15,000円ほど。“高くついたなぁ”と言いながらも、孫のために奮発してくれました。

 

正直、その時点では、 “そんなに高いものは要らないよ~”と思っていた私。でも、やっぱり音もいいし、かっこいいし、おもちゃではこんなにハマらなかったような気がします。その後のハマりっぷりを考えると、とてもとてもいい買い物でした(^_^)vお義父さん、ありがとう!

 

DVDなどライブ映像を見せた

 

ギターを手に入れた息子。でも、最初の頃は、期待するほど夢中になってはくれませんでした。それからしばらくして、私が年甲斐もなくクリープハイプにどハマりして、ライブDVDを購入。そのライブ映像を見て、ギターの持ち方、弾き方を真似するようになったではありませんか!結果、年中さんにしてギター少年に♡嬉しい驚き!

 

とりあえず、負担が少ないフェスに連れて行った

 

私と一緒にクリープハイプにどっぷりハマってくれた息子。そんな時、さいたまスーパーアリーナで行われるVIVA LA ROCKというフェスにクリープハイプが出演することが分かりました。さいたまスーパーアリーナなら電車で20分ほど。行きたい!という気持ちと、5歳児連れてまで??という気持ちで葛藤。

葛藤し過ぎて、チケットが売り切れて、そうなったら増々行きたくなって、結局夫が当日券を求めて、朝から並んだとういう^^;

 

絶対に観るのは息子も知っている歌が多いクリープハイプ。それ以外は無理をせず、様子を見ることにしました。ゆっくり座って見られるように2階席に。ライブの爆音に最初こそ驚いていたけれど、知っている歌が演奏されて予想以上に息子はノリノリでした。良かった♪ということで、休憩を挟みながらクリープハイプ以外もいくつか。でも、やっぱり疲れたのか、息子は爆音の中、途中で爆睡。ちょっと可哀想だったかな…と思い反省しました。が、親の想いとは裏腹に、このフェスをきっかけに、「またライブ行きたい!」「次はいつ行けるの?」と息子からリクエストされるようになりました。おぉ、予想外!

 

しかも、ギター熱もここから加速度的に燃え上がり、ライブ映像などもそれまで以上に熱心に見るように。ということで、その後も休憩が取りやすく自由がきくフェスを中心に、家族でライブを楽しんでいます。現在、息子の夢のひとつはスーパーアリーナでライブをするくらいのバンドマン!!いろいろなライブを見て、“俺もこうしよう♪”など、好き放題言っている息子。その夢がかなり難しい夢であることに気づくのはいつだ!?笑

 

ということで、子どもと一緒にフェスやライブを楽しみたかった私が行ったのは、

  • 好きなキーワードが入った歌を聴かせた
  • ギターを与えた
  • DVDなどライブ映像を見せた
  • とりあえず、負担が少ないフェスに連れて行った

という4つです。

 

これからの季節は、毎週のように、全国各地でロックフェスが行われています。

好きな音楽を親子で楽しめるって最高ですよ^^

ぜひ、お子さんを音楽好きにして、一緒にライブに行ける幸せを実感してくださいね^^

以上、みずいろ母のエリでした。